女性と男性どちらの薄毛も病院で改善できます|フサフサプロジェクト

女性

AGA治療でふさふさに

男性

男性に多いAGAは脱毛症の1つで、原因は遺伝的なものから生活習慣の2つがあります。AGAは若い人にも増えており、20代にして頭皮の後退が見られます。症例を数多く持ち、実績が素晴らしいAGA専門クリニックでは、薄毛が進行した状態でも見事発毛を成功させています。秘密は、治療に使う薬で内服薬と外用薬を使った方法で促していきます。もっとも、これらの薬は発毛治療に欠かせない成分で知られており、フィナステリドやミノキシジルはその代表で間違いありません。フィナステリドの場合、内服薬のみでもDHTの生成を阻止することができ、抜け毛を最大限まで抑えることができます。尚、フィナステリドは医療機関でも普通に販売されており、全国各地どこでも入手可能です。

薄毛治療に最適であるミノキシジルは種類が2つあり、頭皮へ塗布するタイプと服用タイプに分けることができます。毛を増やすこと重点を置いており、血管の拡張作用のために開発された薬が発毛サイクルに影響するとして急遽、治療内容に組み込まれようになりました。抜け毛を減らすフィナステリドと毛を生やすことが出来るミノキシジルがタッグを組めば、深刻な薄毛問題に終止符を打つことができます。ただこうした薬を使う治療も、AGA患者の負担を考えた方法に過ぎません。半年経過しても結果が出なかった場合、治療がそこでストップし、全額返金が開始されます。改善法はまだあり外科治療を施すことで効果的に増やす方法もあります。注射やレーザーを使い、発毛サイクルに直接届く方法を採用すれば、しつこく促すことができます。AGAに治療に力を入れる専門クリニックは薬だけではなく施術治療を採用した上で行なうため、発毛効果をより期待することが出来るのです。